私たちについて

室内合唱団アンサンブル・ヘーメルスは、15〜16世紀ルネサンスの先駆者として活躍したフランドル学派の作曲家たちの作品を本格的に研究、演奏するため1986年に結成され、2017年に創立30周年を迎えました。

団名のHEMELとはフランドルの言語(ネーデルランド語)で「天・天蓋」を意味しており、天上の響きを追究したいとの願いをこめたネーミングです。

創立以来宝塚国際室内合唱コンクールで銅賞6回、神戸ヴォーカルアンサンブルコンテストで銀賞を受賞しています。’92年のベルギー演奏旅行では好評を博し、ベルギー・リンブルグ州のHasselt市の合唱団マンテリウスアンサンブルと姉妹提携するなど、ベルギーフランドルに精通した合唱団として活躍しています。

これまでルネッサンスの宗教曲・世俗曲にとどまらず、ネーデルランド語による民謡やベルギー近代の作品も多数初演、紹介してまいりました。